FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初登庁

小川あきら です。

本日、初登庁を迎えました。

議員バッジを受け取り、いよいよ県議としての活動が始まります。

初日の今日は、写真撮影と防災服の採寸、県政懇談会がありました。

懇談会では、県行政の幹部のみなさんと初めての顔合わせ。

県民の皆様に身近な県政の実現に向けて、執行部のみなさんと協力していきたいと思います。


★お知らせ★

HP開設しました。

http://akira-o.jp/

議会活動などについては、トップページの
活動報告
からご覧いただけます。



スポンサーサイト

GW中の活動報告2

小川あきら です。

帰省をかねて、千葉県に行って参りました。

震災の被災地は東北地方だけではありません。

私の実家の近く千葉県旭市でも、津波の被害・農業の風評被害が生じています。

津波被害では、死者が13名、家屋は327軒が全壊、大規模半壊が265軒となっています。

まもなく震災から2か月となりますが、被害にあった家屋は取り壊され、

飯岡地区の海岸沿いはほとんど更地になっていました。

私も海沿いの街で育った身ですが、まさか津波が押し寄せてくるなんて

今まで想像もしたこともありませんでした。

生活再建とともに今後、大自然とどのようにつきあっていくか、防災体制の構築も大きな課題です。

IMGP0035_convert_20110508220055.jpg
IMGP0036_convert_20110508220135.jpg
4月中旬には、天皇、皇后両陛下が、旭市内の避難所を慰問されました。


また、私の実家のある千葉県匝瑳(そうさ)市の太田市長を表敬訪問。

県内の牧草から、国が設定した基準を超える放射性物質が検出された件について、

千葉県産の牛乳に風評被害が生じるのではないかと危惧されていました。

千葉県の酪農では、もともと乳脂肪率を保つために、

生の牧草ではなく、輸入牧草を与えているそうです。

したがって牛乳に関しては放射性物質の汚染は心配ありません。

風評被害を出さないためにも、正しい情報に基づく正確な報道が求められます。
IMGP0045_convert_20110508220205.jpg

GW中の活動報告1

小川あきら です。

GW中の活動をまとめて報告。

避難所の状況調査に同行し、宮城県・岩手県に行ってきました。

実際に避難所で生活している被災者の方々からお話を伺うことができ、

避難所の実情を把握することができました。

私が訪れた避難所は、日頃から町内活動・地域活動が活発で

住民同士のつながりが強い町内が丸ごと避難しているところだったので、

避難所の中でも自治会長を中心に支え合いができているところでした。

本当に、地域の絆の大切さを改めて感じます。

しかし、すべての避難所がそうとは限りません。

環境の改善が必要なところもあります。

今後は、仮設住宅の建設や、被災者への一時金の支払い、雇用の確保などが急務となりそうです。

<岩手県・陸前高田市>
98.jpg
47.jpg

<宮城県・気仙沼市>
111.jpg
<避難所にて>
163.jpg


ポスター剥がしのその後。

小川あきら です。


本日、市内のポスターはがしが、おおむね終了いたしました。

長い間のご掲示、本当に有難うございました。

また、週末やGW中にポスター剥がしにご協力いただいた皆様、

本当に有難うございました。

多くの人に、日頃の活動を支えられていることに改めて感謝いたします。


ポスターがなくなった市内は、なんだか少し寂しい気がしますが、

これからの季節は、新緑や色とりどりの花々で、街が賑やかになりますね!


さて、先日、福島県南相馬市のNPO法人が発行している

南相馬市応援団紙「めぐりあい」を頂きました。

被災者の方々の手で作られている情報誌です。

たくさんの悲しみ、全国からの暖かい支援、支え合いの心。

南相馬市の方々は、本当にたくさんの「めぐりあい」の中にいらっしゃいます。

被災地の復興のために、そして被災した方々が元気をとりもどせるように、

もっともっと支援の輪を広げていきましょう!

南相馬市応援団紙は、新町スポーツクラブHPにてダウンロードできます。

群馬に避難している方々に、是非読んでもらいたい応援団紙です。


明日は、宮城県へ震災の支援に行って参ります。










電話でバス

小川あきら です。


今日は、みどり市大間々にお邪魔してきました。

神梅小のすぐ隣の農園で、無農薬の野菜作りのお手伝いです。

作業の途中で、巨大ミミズとも遭遇!

農業は、私たちの「食」だけでなく、経済、教育、健康等あらゆる分野にかかわっています。

土をいじる、風を感じる、小さな生命と接する、草木の成長を感じる、汗を流す。

そして、食することによって、感謝の気持ちや自らの健康を考える。

田舎の農家の生まれだからかもしれませんが、

土にふれていると、とてもリフレッシュできて、豊かな気持ちになれます。

DSCF2301_convert_20110501231140.jpg

DSCF2304_convert_20110501231210.jpg

そして、次の写真は、神梅小前の「電話でバス」のりば。

このあたりでは、事前予約がある場合のみ運行するデマンドバスが運行されています。

乗りたい時に電話し、乗りたいバス停から降りたいバス停まで移動できる。

市民のニーズに合わせて公共交通のあり方にもいろいろな工夫がなされています。

DSCF2298_convert_20110501231108.jpg


午後は、高碕で原発について考える集会に参加しました。

集会前のパレードには、若者がたくさん参加しているのに驚きました。

エネルギー政策は、今後の日本社会のあり方、私たちの生活のあり方にも直結します。

事実を把握し、正確な知識のもとで、一人一人がしっかりと考えていくことが大切です。

DSCF2307_convert_20110501231304.jpg

DSCF2313_convert_20110501231946.jpg

今日から。

小川あきら です。


パソコンの調子が悪くて、更新が滞ってしまいました…。


ゴールデンウィーク中ですが、

本日4月30日から、群馬県議会議員の任期がスタートしました。

初登庁は5月10日ですが、改めて責任の重さを感じています。


震災の被災地支援の話や、エネルギー政策についての要望、

群馬県内の経済対策や農業の風評被害対応について、

また、児童相談所や女性相談所の体制強化について、等々、

多くの方から様々なご意見を聞かせていただいております。


一つ一つにしっかりと取り組んで参りたいと思います。

プロフィール

小川あきら

Author:小川あきら
小川あきら(小川晶)の活動日記

群馬県前橋市在住
28歳、女性弁護士

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。